[実話]モテ期に入った男性から

メルマガアーカイブ

こんばんは。
肩が本調子になりかけている彩です。

さて、昨日の

・年齢別!胸キュン相関図

もう確認しましたか?

・「年齢別」の胸キュンのさせ方

のような話をしていました。

年代別に、

・その女性に与える脳内ホルモンの種類

は当然の話、違うよね~。

という話です。

これ、こうやって文字にすると

「そりゃ彩さん、そんなもん当たり前やろ!」

と思う男性が多そうなのですが(苦笑)。

実際問題、その女性の年齢別に、

わざと行動や言動を

脳内ホルモンの分泌まで考え、

実践している男性は、かなり稀です。

念のために言っておきますが、

思い返してみて

「俺、自然とやってたわ!」ってのは、

無しですよ(笑)

あなたも多分気づいていると思いますが、

意図せずやっていることは、

再現性が低い傾向があります。

1.意図せずやっていたことに、絶大な効果があることに気づいた!

2.それをわざとやるようになって、繰り返し効果を実感できた(5回以上)

このレベルで「できている」になります。

もっと言うなら、

3.人に教えられるほど、言語化できており、成功者も出ている

ここまできたら、マスターの域です。

「やってるつもり人間」「知ってるつもり人間」には、
ならないでくださいね。

※これは、私が自分自身にも戒めの言葉を込めて
言っています^^。

話を戻しましょう。

・年齢別!胸キュン相関図

が見たい方は、昨日のメルマガを見返してください。

●件名:胸キュン相関図(=LOVEホルモン相関図)

そして、今日は

・モテ期に入れる男性

・モテ期から遠ざかる男性

の小さな違いについて、お話しますね。

小さな、、、というか、
大きな違いですがw。

大きな違いのひとつは、

・失敗の数

です。

「なんや~、マインド論かいな~」と
思われそうですが(笑)。

客観的にここ3年の行動を
振りかえってみて、

がっつり聞いて欲しい内容なんです。

かなり重要です。

まず、

・モテ期から遠ざかる男性

の話をします。

私はこれまで、
恋愛スクール生やコンサル生なら、200名以上。

恋愛教材を購入いただいた方なら、
3000人以上は関わってきました。

もっと細かいちょっとした無料相談とかを加えると、
4000人以上の

・恋愛に悩む男性

と関わってきた経緯から話しています

そんな中で、

・モテ期から遠ざかる男性

が、とびぬけて得意なことがあります。

・モテ期から遠ざかる男性

が、非常に長けていて、よく口にする事があります。

それは何か?

・言い訳

です。

・時間が無かったから
・忙しかったから
・お金がないから
・分からないから
・難しそうだから
・モチベが上がらないから
・出会いがないから
・年齢が上だから
・他にやることがあったから
・寝落ちしたから
・世間の流れ的に恋愛どころじゃないから

・・・・・
・・・・・・・
・・・・・・・・・・

飽きるほど、言い訳を聞いてきました(苦笑)、

もちろん、私も人間なんで、
言い訳したことは何度もありますし、

むしろ、私はおそらく
言い訳をしがちな弱い側の人間だと思っています。

メンタル、ふにゃふにゃです(笑)

だからこそ、言ってしまう人の気持ちは
とても分かるし、

それを辞めないと
どういう地獄になるかも知っています。

それに、

正直な話、

今無職で金銭的にまったく安定していないなら、
恋愛を学んでる場合じゃないです。

まず、経済的な安定が先です。

それは、精神的に病んでいる方も同じです。

鬱とか引きこもり気味とか
そういう場合は、
まずは、そっちを治すことが先です。

確かに、恋愛を学ぶことがキッカケで、
すべてが好転した話、

私の周りでも実際にありますが、

恋愛と仕事とメンタル、これを同時に引き上げるのは、
相当根性が必要です。

だから、経済的に困窮していて
来月の家賃もヤバいとか、
借金で首が回らないとか、

そういう感じなら、
言い訳というか、、、、

脳みその中が、
優先順位ぐちゃぐちゃになっているので、

行動できないのは、当たり前の話なんです。

同時進行しようとしていること自体、
無謀というか、いばらの道なわけですから。

だから、恋愛は、

・経済的安定(見通し)
・メンタルの安定(鬱などを克服したあと)

に行うスキルアップです。

でもです、

・来月の家賃に困らないほどには、経済的に安定している
・夜家に帰って3時間以上、自由になる時間がある

こういう環境にいて、

・時間が無かったから
・忙しかったから
・お金がないから
・分からないから
・難しそうだから
・モチベが上がらないから
・出会いがないから
・年齢が上だから
・他にやることがあったから
・寝不足だから

これを言っているのは、

(ちょっときつい言い方ですが)

言い訳でしかありません。

あなたに嫌われても
恋愛スキルをアップさせてほしいので、
心を鬼にして言いますが、

どう考えても、

・やっぱり言い訳でしかない

です。

・時間マネージメントの仕方を間違えている
・そもそもやる順番を間違えている

・モチベ管理の仕方を知らない
・目標達成の方法を知らない

・習慣化の方法を知らない

こういう恋愛ノウハウとは
全く別のところに、

原因が隠れていることがほとんどです。

だから、はっきり言いますが、

どんなに優れた恋愛ノウハウを購入しても
世界一にモテる男に学んだとしても、

モテ期には入らないですよ。

もう一度言いますが、

言い訳を辞めない限り、

モテ期には入れないですからね。

大人になると、誰も本当のきついことを
言ってくれなくなるので、

あえてメルマガ解除率上がることでも
書いておきますね。

さらに、今日の本題、

・モテ期に入る男性の特徴

の話をしましょう。

モテ期に入る男性は、

・言い訳の数

が非常に少なく、

・失敗の数

が強烈に多いです。

大量失敗しています。

だからなのでしょうね。

質問の仕方も、至極具体的です。

「この時女性にこんなことを言われて
〇〇と返したんですが、自分ではちょっと後悔しています。
彩さんならこんな時、なんと答えますか?」

「恋愛ストーリーテリング作ってみました。
実際に女性の前で話すと、●●のところで躓きました。
丸暗記すべきですかね?」

などです。

で、ココからも重要です。

(分かれ道です)

具体的な質問だから、具体的にアドバイスができます。

これは、失敗を多く経験した人にしか発動しない能力です。

さらに、その後です。

その時先生と仰ぐ人からの

「アドバイスが納得いかなくても、受け入れる」。

こういう男性が、モテ期に入っていく傾向が顕著です。

※これは、良い悪い、善悪論の話ではありません。
単純な統計論です。

・自分の場合、ちょっとこの状況だから、、、

・自分の場合、ちょっとこの言葉は、、、

これを言っている男性は、
モテ期に入らないことが、本当に多いです。

理由は、もう言わなくても伝わっているかもですが。

私も、あまのじゃくな受け答えをして
全然うまくいかない時期があったので、

念のため書いておきますね。

パソコンで例えましょう。

あなたは、PC初心者です。

先生が、

「最初は違和感があっても、
ショートカットキーを先におぼえてしまった方がいいよ」

と言っています。

後々その方が便利で時短に繋がることを
知ってるからです。

後々その生徒さんの役に立つことを
知ってるからです。

でも、

・モテ期から遠ざかる男性

は、

「いや、俺はその手の動きはちょっと違和感があるから」
「いや、俺はマウスでも早く動かせるから」

と、ショートカットキーを憶えません。

その結果が、半年後1年後5年後10年後に
雲泥の差を生んでいきます。

たとえば、1万文字の文章を
マウスで全部選択しようとすると、

スクロールの時間も含め、
10秒、30秒とかかるでしょう。

でも、ショートカットキーを知ってれば、
1秒もかかりません。

素直な人は、
新たに生まれたその時間で、

どんどんスキルアップや実践を重ね、
成功していきます。

でも、ずっとマウスでやっている
我が道を行くタイプの人は、

最初少しの結果はでるけれど

その後思うような未来を作ることができず、

他のノウハウやメソッドに目移りして、

でもそこでも同じことを繰り返し

ずっと大事な大事なお金と時間と労力だけが消えていく。

これを繰り返しながら、

言い訳をずっと言っています。

・このやり方は、俺には合わなかった

と。

1、学んだ後、実践する(ここはもう必要不可欠なところですね)

2、失敗する(ここの量が本当に少ない人が多いです)

3、アドバイスを素直に受け入れない(ここで躓く方も沢山いらっしゃいます)

あなたには、思いあがるところがありますか?

恋愛での失敗というのは、

人として驚くほど失礼なことをしない限り、

犯罪レベルのことをしない限り、

大問題になることはありません。

「話し方がたどたどしい人だな」や

「服のセンスが合わない人だな」と、

思われて終わりです。

いくらでも挽回は効くのです。

人生終わりのような失敗を

恋愛初心者がすることは、

ほぼほぼありません。

女性がもう一人も寄ってこなくなるほどの

失敗をした人を私は見たことがありません。

あなたは、ご存知ですか?

モテ期の場所は、「失敗」の先にあるんです。

●学ぶ→成功

ではないですからね。

●学ぶ→失敗→失敗→失敗→失敗‥‥→成功

これが、王道のモテ期への入り方です。

(失敗の数はその人の能力やこれまでの経験値などによります)

なんだかどんどん目標叶えている人って、

失敗のサイクルがウルトラ速いのです。

みんな

●学ぶ→成功

このあるように見えて存在しない道を

探しまくってるから、いつまでたっても

モテ期に入れないのです。

●「失敗ありきで、モテ期までの道」を組んでみてください。

それが、最短の道です。

世の中には「間違いないこと」ってそんなに多くないですが、

これは、間違いないと言い切れます。

PS.

あなたは、次の失敗体験をいつする予定ですか?

ちなみに、私の知っているモテ期に入った男性は、
こう答えていました。








「今から(笑)」