教え子さん成功事例:40代 都内在住 男性

完全にモテ男に書き換えられました!

40代 都内在住 男性

彼から頂いたメッセージです。

ビフォー:妙なプライドが邪魔してできないタイプでした…

私はナンパなんて恥ずかしいというか、妙なプライドが邪魔してできないタイプでした。

でも、ものすごく綺麗でかわいいCAさんを機内ナンパして成功してから私の脳の葛藤が始まりました。

若いときは押し切ればほぼ問題なかった恋愛も、いつの間にか40代になっていた私には、まったく昔とった杵柄状態でした。会いたいのに会えない。

誘えばくるけど、1時間だけとかコーヒーだけとか。。。満額回答がありません。

でも切れるわけでもないので、なんとかならないかと思っていたところで、このノウハウや彩さんに出会いました。

アフター:3時間裸のコミュニケーションをしました^^

そして、質問しまくり、実践し、そしてまたテクニックを見返し、質問し、実践し・・・。

そんなことを半年ほど繰り返していたら、いつの間にか街で女性に声をかけることが苦ではなくなり、写真撮影をしたり、連絡先を交換したり、たまに逆ナンされることも出てきました。

相変わらず飛行機に乗れば必ずCAさんに声をかけるようにしていますし、もっと女性と近づくために職業の一つにしてしまったカメラマンとしてモデルになってもらいたくて、歯科衛生士さんとか歯医者の受付さんとかに声をかけ、名刺交換を簡単にできるようになりました。

そんな男としての復活を感じていた時に、以前から仲の良かった同級生と二人で食事に行くことがありました。

その女性は花がある方ではありましたが、モテ出す前からの友人だったので、エッチをしたいと思うことはあれども、そんな方向で誘うことはありませんでした。

でも、モテOSが最新版にアップデートされた私は、2回目の食事の時は最初からホテルでフィニッシュというデートプランを考えました。

結論を言うと、この時はホテルに入って、私の裸に触れてもらいましたが、彼女は服を脱ぎませんでした。

でも、その晩、次のデートを取り付けられ、私は3回目のデートでは確実にいただけることを確信しました。

そして2度目のデートから1ヶ月後(彼女は遠方に住んでいるので)、彼女が好きだという料理屋の予約が9時からしか取れなかったので、6時から9時まで遊ぼうよ!と切り出しました。

当日、6時に駅で落ち合った私たちは、そのまま駅近くのラブホに直行。

1ヶ月前に示した抵抗はまったくなく、3時間裸のコミュニケーションをしました。

日頃鍛えている私の体にしがみつき、「久しぶりに中でいけた」と彼女を天国に連れて行ってあげられました。

そんな彼女とのエッチが終了し、予約していたレストランに行く途中、彩さんを求めるきっかけになったCAの女の子からLINEで連絡が入りました。

エッチした彼女に着信通知を見られないようにしながらも、私は自分が新次元のスーパーサイヤ人に進化したことを悟りました。

地上の半分は女ですから、出会いはいたるところにあります。

ですから自分の脳のブレーキさえ上手に、外すことができれば、恋愛は自由自在です。

相手のペースがあってこそなので100%思い通りにいくわけではありませんが、切らずに継続すれば何人とも同時に楽しい恋愛ができることを今確証しています。

女性もそれなりに私とのエッチを楽しんでいるので、私は複数の女性と関係を持つことにたいして全く罪悪感はありません。

むしろ、不満や悩みを抱えている女性に、足と安らぎを与えている貴重な存在だと自負しています。

こんなマインドセットに変化できたのは彩さんのおかげです。

これから死ぬまでたくさんの女性に快楽を与えていきますので、よろしくお願いいたします。

伊藤彩の恋愛情報サイト【ガチモテ】|GACHIMOTE